アサシンクリードヴァルハラ PS5版|今から始動ヴァルハラ日記#2|アヴァルズネス【北の谷を懸けた戦い】攻略

アサシンクリードヴァルハラ PS5版|今から始動ヴァルハラ日記#2|アヴァルズネス【北の谷を懸けた戦い】攻略
広告

アサシンクリードヴァルハラ 北の谷を懸けた戦いをクリアすべく、アヴァルズネスへと進んで行きます。 ここでは初のボス戦(対戦リキウルフ)がありますので、立ち回りを解説しつつアヴァルズネスを攻略します。

広告
kensan

前回は寄り道して大まかな動作を覚えたので、真の目的を果たすためにアヴァルズネスへ乗り込むとするか!

いよいよ本番ってことね。

タマちゃん
kensan

ワクワク感と緊張とが交互にやってくる感じだよ😁

アサシンクリードヴァルハラ 北の谷を懸けた戦い

中央の大きな建物を囲むように小屋が立ち並ぶアヴァルズネスに到着。 セヌを飛ばし大勢の敵が居ることは偵察済みです。

kensan

正面から押し通っても、討死するのは時間の問題だよな。 まずは、侵入場所を探ってみるか!

kensan

いい具合に塀に隙間を発見! ここからなら見つからずに侵入できそうだ。

流石に拠点ともなると、敵も多いですね。

タマちゃん
kensan

そうだな~ どうしようかな~ 小屋をあさりながら考えようっと。

(。´・ω・)ん? 待てよ・・・仲間を探して救出って画面左上に指示が出てる・・・そうか! まず仲間を救出して、みんなで戦うという流れでは⁉

kensan
広告

AC・ヴァルハラ 中央建物へ屋根から侵入

意外と簡単に登り口は見つかりました。 アサシンあるあるで、屋根上に侵入口があります。

kensan

恐る恐る侵入すると、屋根裏部屋があったからホッとしたよ。

いきなり戦闘になるのはヤだよね~

ムートン
kensan

そうそう! 心の準備は必要。 仲間が沢山捕まってる・・・敵は1人か。

kensan

思い切って降りて行くと・・・‼

AC・ヴァルハラ 初ボスのリキウルフと対峙シーン

下りるや否やムービー発動です!

AC・ヴァルハラ リキウルフ対策

kensan

初のボス戦です。 リキウルフ対策と言うのもおこがましいですが、押さえておきたい攻撃パターンを紹介します!

~リキウルフ攻撃パターン~

kensan

この対戦はチュートリアル要素も兼ねてますので、回避しなくてはならない赤サイン攻撃と受け流しが可能な黄サイン攻撃が大半を占めます。

赤サイン攻撃

特徴としては、中距離~遠距離で対峙している時に仕掛けてくる技です。 結構離れた場所からスーと近づいてきて、どっこいしょと斧を振り下ろしてくる感じですね。

kensan

横回避で容易に対応できるんだけど、初見は独特のリズム感で振り下ろしてくるから、回避が早過ぎちゃったりする😅

リキウルフはライフが半分になると、斧から二刀流ハンマーに切り替わります。 前半戦に比べると技の出は早いので、少し注意してかかりましょう!

黄サイン攻撃

二刀流に変わると2連撃が主体となります。 プレイヤー側が攻撃モーションに入ってから黄サインが発生しても、すぐに回避ボタンを押せば意外とかわすことが可能な技です。

回避は黄サイン発生で、後ろにLスティックを倒してボタンをポン・一呼吸入れて・ポンと2回押しで大丈夫だと思います。

kensan

黄サイン攻撃には【受け流し】のチュートリアルも兼ねてるみたいで、毎回スローモーションが発動するから比較的容易に回避はできるんだよね!

受け流しはどうやるの?

タマちゃん
kensan

下の画像と動画を参考にすると少しは分かり易いと思うんだけど・・・黄サイン発光が消えるタイミングもしくはハンマーを振り下ろすタイミングでL1ボタンを押すって感じかな!

でもアクション初心者は慌てちゃうじゃん!

ムートン
kensan

その点については、おっしゃる通り😓 だから練習するのさ! 決まれば気持ちいいし、アクションの虜になるかも。(⌒∇⌒)

AC・ヴァルハラ リキウルフ戦ノーダメ動画

kensan

くれぐれもスタミナ管理は忘れずに! スタミナゲージが赤くなると、回避出来なくなるからね😓

AC・ヴァルハラ リキウルフ戦後

リキウルフ戦に勝利すると、卓上にある父の斧を手にするエヴォル。 その瞬間、過去の記憶と共に謎の男と狼が現れる異次元のようなシーンが・・・

仲間を牢から開放すると、外の敵と混戦状態になります。 これを制して舟へと向かい、フォルンブルグへ帰還と相成ります。

この島ともおさらばですね!

kensan

割とじっくり遊んだので、結構な時間を費やしました😅 この先、どれ程の時間を費やするのか想像もつきませんが、楽しく遊んで行ける予感が湧きたつゲームです!

kensan

それでは、老いも若きも楽しきゲームライフを😊

アサシンクリードヴァルハラ 公式ホームページ

メタクリティック(ゲーム評価サイト)