スカイリム SE|デルキーサスを探せ|不死属性を持つ従者

スカイリム SE|デルキーサスを探せ|不死属性を持つ従者
広告

スカイリム SE|従者を探せ|

広告

スカイリムの世界は、一人旅より二人旅の方が心強いに決まってる。 しかし、従者が弱ってる時に誤ってプレイヤーの攻撃がヒットすると、死亡してしまいますので同行時は気を配らなければなりません。 ところがデルキーサスは、死亡する事がない不死属性の持ち主なのです。

今回は、たまたまデルキーサスを発見したので、場所の紹介をしたいと思います。

スカイリム SE|従者を探せ|デルキーサス

スカイリム世界の先駆者である諸先輩方の調べでは、従者となる NPC は60名近く存在するようです。

従者にするための条件も、関連するクエストをクリアしたり、お手伝い的な事をしたり、存在自体を発見し救出したり、 と時間を要するものもから比較的簡単なものまで様々です。

広告

従者と同行時に気を付ける事

従者は旅のお供として心強い存在ですが、戦闘中にしゃがみ込み攻撃しなくなる状態があります。 これは従者がダメージを受け、瀕死状態になっている状態です。

この状態時に敵の攻撃を受け死亡する事はなく、時間経過とともに体力が回復し再び戦闘に加わります。 しかし、ドヴァキン(プレイヤー)の攻撃が誤ってヒットすると、従者は死亡しスカイリムの世界から存在自体が消滅してしまいます。

従者デルキーサス

アルゴニアン種族のデルキーサスは、比較的簡単に従者にできる不死属性の持ち主です。 要するに死亡しない従者なのです。 死亡しない不死属性持ちの従者は少なく、ドヴァキン Lv20 そこそこの序盤でも従者に出来るお手頃感が良いのです。

デルキーサスを従者にする方法

デルキーサスは、釣りに出かけて迷い込んだダークウォーター峠で、ファルメルに囚われてしまいました。 これを救出することで、従者として契約できるようになります。

デルキーサスの救出場所

まずは「ダークウォーター峠」を発見する必要があります。 ホワイトランから北東にある「ウィンドヘルム」を出発し、南南西に進んだとこにある「大きな滝」が目印となります。

その滝の右側下に入口があります。

ダークウォーター峠内部

中は薄暗く、前半エリアは浅瀬水場が広がっています。

宝箱の見落としに注意

注意深く観察しないと、宝箱など見落としてしまいますので注意しましょう。 たいまつや魔法で、灯りを所持することを推奨します。

ファルメルやファウラスとの戦闘

複雑に入り組んでいるわけではありませんが、道中にはファルメルやファウラスが待ち構えてますので注意しましょう。 可能ならば、ホワイトランで従者になる「リディア」クラス以上と同行することを推奨します。

入口から奥へ

進んで行くと、坂と橋を経由して上がった先のエリアで、右側に視線を向けると入口があります。 この入口を奥へと進んで行きます。

中は迷路っぽく見えますが、右の壁沿いに進むと上へと伸びる通路が現れます。 これを登って行くと、円形の鉄格子が床にあります。

デルキーサス発見

中を覗いて見ると、誰かウロウロしてます。 彼こそが「デルキーサス」です。

鉄格子床の右側にはレバーがあり、デルキーサスまでの経路が開かれます。 すぐさま救出に向かいたいとこですが、左奥の小部屋にファルメル・シャドウマスターとファルメルがいるので倒してから行きます。

ファルメル達を倒したら、少し部屋を見渡します。 まだどこで使うか分からぬ「呪術師の鍵」を発見し、とりあえず回収します。

レバーを作動

周囲の安全が確保できたので、レバーを作動させデルキーサスを救出します。

デルキーサスと遭遇した場所の奥を探索すると、これまた使用先が分からぬ「ダークウォーター・ピットの鍵」を入手しました。

デルキーサスを外に連れ出す

ここからは、デルキーサスを外へ連れ出すのがお仕事です。 しばらく進むと、開けた場所に辿り着きます。 ここで対岸から上へと進む訳ですが、ファルメルが多数存在します。

突っ込んでいくと、囲まれますので得策ではありません。 手前から丁寧に1体1体片付けて行きます。

罠を有効活用

対岸に着いたら上へと進んで行きます。 すぐにロープ仕掛けの罠があり、丁度奥からファルメルが下りてくるのでタイミング良く罠を発動します。 ファルメルが階段を下り始めたら、罠を発動しバックすれば有効活用できます。

ダークウォーター峠から外へ

罠があった階段を上ると、少々入り組んだ場所の先に出口があります。 入り組んではいるものの、ほぼ一本道なので入口は比較的容易に見つかるはずです。

外に出たらデルキーサスと会話し従者確定です。😁

kensan

それでは、老いも若きも楽しきゲームライフを!

ベセスダ.ネット(日本語版)