スカイリム SE|打倒ミラークへの道|間違いやすい黒の書

スカイリム SE|打倒ミラークへの道|間違いやすい黒の書
広告

スカイリム SE|打倒ミラークへの道|

広告

ミラークの場所へは、ご存知の通りドラゴンを手懐けて運んでもらう訳ですが・・・

バカな私は二つの間違いにより、ドラゴンが現れない。 ドラゴンが現れたは良いものの、今度はテイムできない。 という詰み状態に陥ってしまいました。 

バカな私が、悪戦苦闘しながら何とかクリアした経験談をお話したいと思います。

スカイリム SE|打倒ミラークへの道

The Elder Scrolls は初心者で、Skyrim SE が初見プレイとなります。 このゲームは、時間泥棒と言われるほど様々な出来事が発生する上、個性豊かな NPC 達の会話がトリガーとなり、プレイヤーをスカイリムの世界へと誘います。

今回は、数あるメインストーリーの内、「初代ドラゴンボーンであるミラークを倒す」という内容の物語で、進行途中に起こったバカな私の詰み状態を解決した経験談です。😅

その詰み状態とは、下記2点の現象が私に襲いかかったのです。😓

詰み状態① ミラークの場所へと運んでくれるドラゴンが現れない。

詰み状態② 現れたドラコンをテイム(服従)出来ない。

広告

クエスト「人類の庭師」

ミラークを倒すクエスト関連は、ソルスセイム島で進行していきます。

クエスト「人類の庭師」進行中の「手紙の書き方に関する見識」に差し掛かった時、事件は発生しました。 ミラークを倒すまでのクエスト関連では、「黒の書」を読み黒の書の中の世界アポクリファで展開される行程が幾つか存在します。

黒の書を読みアポクリファへ侵入

やって来ましたアポクリファ。 下の画像でスカイリム熟練者の諸先輩方なら、既に私の失敗にお気づきの方も大勢いらっしゃることでしょう。

種明かしは後程おこなうとしまして、まずは進行していきましょう。

どうやらここでは、「アポクリファの書」を集めながら、2章エリア~6章エリアへと進んで行くようです。 道中で行く手を阻むシーカーやルーカーは、必ずしも倒しきる必要はなさそうです。

アポクリファは迷宮のような作りとなっていますが、そう複雑なものではありません。 スタート地点で触れた花のような形をしたスイッチを見つけ、進行経路を確保しながら4冊の「アポクリファの書」を探し出し進んで行きます。

アポクリファの書|設置方法

最終の6章エリアに行く為には、集めた4冊の「アポクリファの書」を決められた場所に設置する必要があります。

設置する台座には、異なった図柄が描かれています。 この図柄に対応する書を、設置しなくてはならない訳です。 4冊の書にはキーワードがあり、四肢ハサミ歯列がそれですので、台座の図柄から連想される書を設置して行きます。

間違うことなく設置出来れば、中央に設置されている書を開き、6章エリアへ進むことが出来ます。

詰み状態① ミラークの場所へと運んでくれるドラゴンが現れない。

6章エリアの行きつく場所は、シャウトの壁画がある広場となります。 ここに辿り着いた時、私は薄々この場所でドラゴンをテイムするのでは・・・と感じ取っていました。

動画や画像をネット上で体験した訳ではなく、活字による紹介文を読んだ記憶があったからです。

この広場では、ルーカー1体とシーカー2体が同時に出現します。 時間を要しましたが、炎の精霊(召喚呪文)や雷の精霊(召喚巻物)の助けを借りながら、これらの敵を倒すことが出来ました。

敵を一掃したら、奥にあるシャウトの壁画で言葉を修得します。

もうこの広場でする事はなく、何も起こらない広場で私は立ちすくみます。

ミラークと対峙する為には、ドラゴンをテイムして運んでもらうのですが、肝心のドラゴンが現れません。 5分程待ったでしょうか、何も起きない異常事態にケリをつけるかのように、黒の書を読みソルスセイムへと一度帰ることにしました。

今一度クエスト内容を確認

現在進行中の内容は、「手紙の書き方に関する見識の秘められた知識を学ぶ」です。

黒の書を読むはずなのですが・・・!!!

よく見ると、黒の書が2冊あるではないですか! しかも、ご丁寧に「手紙の書き方に関する見識」と書かれた黒の書の存在が、私の目にハッキリと映ります。 思い起こせば、チャルダックで新たに黒の書を入手しましたね。😅

そうです。 私は黒の書:白日夢を読み、アポクリファへと侵入したのです。 まだ早かった・・・という訳ですね。

教訓「日本人なら日本語は、しっかりと読んで理解しましょう」

黒の書:手紙の書き方に関する見識

黒の書:手紙の書き方に関する見識を読み、侵入したアポクリファではハルメアス・モラからシャウト「服従」の2番目の言葉「精神」を修得します。 そして、その場にある書物からシャウトを強化する力を、3つの中から1つ選び獲得します。

シャウトを強化する力は、黒の書:手紙の書き方に関する見識を読み訪れれば、何度でも変更する事が可能です。

ここで、ハルメアス・モラと取引をすることになります。 シャウト「服従」の3番目の言葉「ドラゴン」を修得するためです。

ハルメアス・モラとは?

ハルメアス・モラはデイドラ16王の1柱で、過去と未来あらゆる知識と記憶を司る神。 知識の王という異名を持つデイドラ王です。

クエスト「偽りの頂点」

ソルスセイムに戻りストルンと話し、ハルメアス・モラがストルンの持つ知識を欲しがっている事を伝えます。 ストルンはハルメアス・モラの要求に応じ、命を落とす結果となります。

その代償として、シャウト「服従」3番目の言葉「ドラゴン」を修得します。

これで、今度こそミラークを倒す準備が整ったようです。

シャウト服従の3番目の言葉を解除する

このゲームでは、魔法やシャウトの習得で注意すべきことがあります。

多くのゲームでは、魔法などは入手するだけで使用可能となる事が多いのに対し、スカイリムの世界では魔法の書の入手やシャウトを修得するだけでは、使用することは不可能です。

魔法であれば、アイテムの本に格納された魔法の書を使うことで使用可能となります。

シャウトの場合は、オプション画面で 魔法 → シャウト と進み、修得したシャウトをドラゴンソウルを1消費して解除することで使用可能となります。 ドラゴンソウルは、ドラゴンを倒して入手します。

黒の書:白日夢を読みアポクリファへ侵入

今度こそ、順序的に間違っていないはず。 既にドラゴンをテイムする広場までは、最初の間違いで辿り着いていますから、この通り「白日夢」を読めば直行です。

既にドラゴン「サーロタール」もお待ちのようなので、早速シャウト「服従」で我僕(わがしもべ)になってもらいましょう。

詰み状態② 現れたドラコンをテイム(服従)出来ない。

(。´・ω・)ん? あれ? おや? 何故に?

何度シャウトしても効果がなく、瞬殺される時が永遠と続きます。

サーロタールに殺されるとソルスセイムに戻される訳ですが、少しの時間ソルスセイムでもドラゴンが強襲してるような騒ぎが展開してます。 これが落ち着くまで、「白日夢」が読めません。

幸いな事に私はクイックセーブをしてましたので、オプション画面からセーブデーターをすぐに読み込み時間のロスは最小限に抑えれますが、とにかく何かが間違っているようです。

確かに「服従」のドラゴンまで解除してますので、考えられることは発動させるコマンドに間違いがあることぐらいしか想像できません。 そうでなければ、バグという事になります。💧

シャウト「服従」のドラゴン発動方法

私はPS5でスカイリムを楽しんでますので、シャウトの発動ボタンは R1 にしてます。 様々なボタンと組み合わせてシャウトしましたが、失敗の繰り返しです。 やけくそになっていた時、奇跡的にも成功したのですが何をしたのか理解するまで時間を要しました。

覚えている事は、操作してシャウトするまでに少しタイムラグがあった事です。 確認すべく、何度もセーブデーターをロードしてやっと判明しました。

シャウト「服従」のドラゴンを発動するにはボタン長押し

サーロタールに乗りミラークの元へ

やっとドラゴンに乗れました。😅 ドラゴンを自由に操れる訳ではありませんが、視界内のターゲットをロックして攻撃させることが出来ます。

乗る時に使用したボタンを飛行中に押すことで、最寄りの着陸可能地点で降りることが出来るようです。

激闘ミラーク戦

情報によると、ミラーク戦で注意すべき事が何点かあるようです。

一つ ミラークは多彩な魔法攻撃と一撃必殺の首切り剣技がある。

二つ ミラークは体力が減るとドラゴンの生命力を吸収し、全回復を三回行う。

三つ 三回目の全回復を行うまでに、強引に大ダメージで倒そうとするとバグによりミラークが消失し倒せなくなる。

要するに、一回目と二回目の全回復は邪魔しちゃダメということですね。 以上のことに注意しながら、殺されないよう頑張りましょう。

精霊召喚を活用

今更お話する事ではありませんが、炎の精霊などを召喚する事で、ミラークの注意をそらすことが出来ます。 召喚魔法もしくは召喚巻物は持参し、お気に入り登録して選択できるよう準備しておくことを、お勧めします。

ミラークの最後

ミラークへの最後のとどめは、残念な事にハルメアス・モラに持っていかれます。 触手がミラークを貫き、白骨化させていきます。

ミラークが白骨化すると同時に、エリア中央に巨大な書物が現れます。

まずは、ミラーク装備を回収しましょう。 どれも使いどころが限定されそうな武具ですが、せっかくなので記念に取っておきます。

スキルポイントの振り直し

中央に現れた書物をインタラクトすると、周囲にスキルツリーが展開されます。 ここではドラゴンソウルを消費して、既に割り当てたスキルポイントを1回収する事が可能となります。

要するに、スキルポイントの振り直しが可能ととる訳です。 黒の書「白日夢」を読めば、いつでも来ることが出来るようです。

フリアが従者可能となる

ミラークを倒しクエストクリアすると、フリアを従者にする事が可能となります。

フリアは片手武器と変性を得意とする不死属性の持ち主です。 加えて成長レベルに制限がありませんので、長く付き合える優秀な従者の一人です。

kensan

スカイリム AE の日本語版も、2022年に発売する事がベセスダから発表されました。 スカイリム SE で時間を溶かしながら、楽しみに待ちたいと思います。

kensan

それでは、老いも若きも楽しきゲームライフを!

ベセスダ.ネット(日本語版)